英語多読LEVEL0

読めば自然に身につく英語の多読学習法を実践できる多読応援アプリです。 このアプリの特徴 多読の入門として3本(現在更新を続け24本に)を収録 多読の邪魔になる多機能を排除した優しいシンプルビュアー iOSの機能により辞書も使用可能に iOSの機能を使った音声読み上げによりリスニング(多聴)も可能に iOSの読み上げ機能です。したがってネイティブの発音とは異なります。 ダウンロード数に応じて話が追加される更新性 英語多読の学習法やその効果についてのコンテンツを追加 多読というのはSSS式多読の3原則に従って、自分のレベルにあった英語の本をたくさん読んでいくうちに自然と英語の力が身につく学習法のことです。 SSS式多読のルールはたったの3つ。 SSS式多読の3原則 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める まずは、簡単な絵本や童話からはじめて、100万語を目指しましょう。 100万語というのは途方なく聞こえますが、隙間時間を使って1日30分確保できれば1年間で到達可能です。そのためにも無理せずに自分に合ったレベルの本を選び、楽しく続けていくことが重要です。 子供のころ簡単な絵本から読み始めたのと同じように、子供たちが母国語を学んでいく過程と同じですね。辞書をひくのも面倒なのでぶっとばしてよみすすめ、つまらなくなったら無理せずに休むのも同じですね。 この英語多読の楽しみをたくさんの方に知ってもらうには、実践が一番と考えて制作したアプリなので、実際に多読を体感できるものになっています。多読に興味のある方やこれから多読を始められる方を対象にSSSのレベル0に近く優しい絵本を2話、さらに有料版『1万語英語多読(1)』から1,000語程度の絵本を1話収めています。 英語だけで書かれた本を読み終え、その達成感をこのアプリで経験できます。 きっと多読について「ちょっと面白いかも」、「続けられるかも」という気持ちを共有いただけると思います。 また、多読3原則を崩してしまう辞書機能やメモ帳などの機能を排除しています。 たくさんの方に英語多読を実践してもらいたいとのおもいから、不定期にストーリーを追加していきますので、読み終えたあとも更新を楽しみにしていてください。 レベル的にはSSSの読みやすさレベル0〜1に近い絵本を用意するように心がけていますが、パブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあり、難しく感じるかもしれません。ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。挿絵も入っているので英語でも内容や雰囲気をお楽しみいただけると思います。 購入ページへ

1万語英語多読(1)

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 Vol.1〜3までは、どれからでも始められます。 かんたんな英語の絵本を読んで、多読をすすめられます。 英語の絵本と言ってもこの多読応援アプリには全部で13話が収められていて総語数は1万語に及びます。 絵本なので初心者向けですが、個人差もございますのでご購入の前にこの文章の最後に絵本から掲載英文を抜粋してますのでそちらをご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 SSS式多読の3原則 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める もうひとつのオススメの理由は、私も経験しているのですが、初心者の場合、100万語多読のスタートは1冊数ページ(1000語程度)のペーパーバック(洋書)から始めることが多いのですが・・・。この数ページのペーパーバック1冊の値段がだいたい500円程します。 つまり1,000語程度の洋書を読むのに約500円かかり、最初の1万語をクリアするのに5,000円もかかる計算になります。 この金額が100万語を目指す多読初心者には重荷ではないかと思います。 その一助にでもなればと思い作成したのがこの多読応援アプリでもあります。 ひとつのアプリで1万語をクリアできます。 600語程度のストーリーがいくつもあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 ※レベル的にはSSSの読みやすさレベル1に近い絵本を用意するように心掛けていますがパブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。挿絵も入っているのでスートリーの内容もお楽しみいただけると思います。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに英語の力が身につくという学習法です。 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

1万語英語多読(2)

本バージョンからiOSの音声読み上げ機能を使ったリスニングが可能となりました。 英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 Vol.1〜3までは、どれからでも始められます。 かんたんな英語の絵本や童話を読んで、多読をすすめられます。 英語の絵本・童話と言ってもこの多読応援アプリには「3匹のこぶた」「3匹のくま」「小人のくつ屋」など全部で11話が収められていて総語数は1万語に及びます。 絵本なので初心者向けですが、個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで絵本の画面をご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める もうひとつのオススメの理由は、私も経験しているのですが、初心者の場合、100万語多読のスタートは1冊数ページ(1000語程度)のペーパーバック(洋書)から始めることが多いのですが・・・。この数ページのペーパーバック1冊の値段がだいたい500円程します。 つまり1,000語程度の洋書を読むのに約500円かかり、最初の1万語をクリアするのに5,000円もかかる計算になります。 この金額が100万語を目指す多読初心者には重荷ではないかと思います。 その一助にでもなればと思い作成したのがこの多読応援アプリでもあります。 ひとつのアプリで1万語をクリアできます。 600語程度のストーリーがいくつもあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 レベル的にはSSSの読みやさすレベル1に近い絵本を用意するように心掛けていますがパブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。 ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。挿絵も入っているのでストーリーの内容もお楽しみいただけると思います。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに英語の力が身につくという学習法です。 コンテンツ(絵本:11本/総語数:10081) 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

1万語英語多読(3)

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 Vol.1〜3までは、どれからでも始められます。 かんたんな英語の童話などを読んで、多読をすすめられる『英語多読シリーズ』の第3弾です。 今回はグリム童話やスコットランドの王の伝記、身寄りの無い孤児からロンドン市長になった男の伝記など童話を中心とした世界の物語を全部で12話(内2話は小話)、総語数1万語を収録しています。 主に童話なので初心者向けですが、個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで絵本の画面をご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める この3原則を崩してしまう辞書機能や簡単クイズやメモ帳などの機能を排除しています。 ですから途中でわからない単語を辞書で調べたい、理解度を確認するために簡単なクイズのようなアプリが欲しいケースには向かないと思います。 もうひとつのオススメの理由は、私も経験しているのですが、初心者の場合、100万語多読のスタートは1冊数ページ(1000語程度)のペーパーバック(洋書)から始めることが多いのですが・・・。この数ページのペーパーバック1冊の値段がだいたい500円程します。 つまり1,000語程度の洋書を読むのに約500円かかり、最初の1万語をクリアするのに5,000円もかかる計算になります。 この金額が100万語を目指す多読初心者には重荷ではないかと思います。 その一助にでもなればと思い作成したのがこの多読応援アプリでもあります。 ひとつのアプリで1万語をクリアできます。 600〜1000語程度のストーリーがいくつもあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 ※レベル的にはSSSの読みやさすレベル1に近い絵本を用意するように心掛けていますがパブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。挿絵も入っているのでストーリーの内容もお楽しみいただけると思います。 ※一部難しい単語には英英訳が記載されています。本文中にグレーで括弧書きされている個所が英英訳の部分になります。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに英語の力が身につくという学習法です。 コンテンツ(絵本:12本/総語数:10027) 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

1万語英語多読(4)

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 かんたんな英語の童話などを読んで、多読をすすめられる『英語多読シリーズ』の第4弾です。 今回はシリーズで初めて2,000語を超える物語を2話用意しています。少し難しいですが、日本の童話がベースとなっていて読みごたえがあります。 その他、ダビデとゴリアテなど海外の洋書をあわせて全部で8話、総語数1万語を収録しています。 主に童話なので初心者向けですが、個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで画面をご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める もうひとつのオススメの理由は、私も経験しているのですが、初心者の場合、100万語多読のスタートは1冊数ページ(1000語程度)のペーパーバック(洋書)から始めることが多いのですが・・・。この数ページのペーパーバック1冊の値段がだいたい500円程します。 つまり1,000語程度の洋書を読むのに約500円かかり、最初の1万語をクリアするのに5,000円もかかる計算になります。 この金額が100万語を目指す多読初心者には重荷ではないかと思います。 その一助にでもなればと思い作成したのがこの多読応援アプリでもあります。 ひとつのアプリで1万語をクリアできます。 600〜1000語程度のストーリーがいくつかあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 ※レベル的にはSSSの読みやさすレベル1~2に近い洋書を用意するように心掛けていますがパブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。 ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。多読では、なんとなく全体をつかむが大切ですので、細部にこだらずストーリーを楽しんでいただければと思います。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに自然に英語の力が身につくという学習法です。 コンテンツ(洋書:8本/総語数:10150) 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

1万語英語多読(5)

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 洋書を読んで英語の多読をすすめられる『英語多読シリーズ』の第5弾です。 今回はシリーズで初めて3,000語を超える物語を1話用意しています。今回用意した洋書たち、後半にいくほど難しいです。 反面読みごたえはあります。 また、今回は初心者向けというよりむしろ中級者以上の内容となっています。 個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで内容をご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める この3原則を崩してしまう辞書機能や簡単クイズやメモ帳などの機能を排除しています。 ですから途中でわからない単語を辞書で調べたい、理解度を確認するために簡単なクイズのようなアプリが欲しいケースには向かないと思います。 450〜2000語程度のストーリーがいくつかあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 ※レベル的にはSSSの読みやさすレベル1~3に近い洋書を用意しています。 パブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。 ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。多読では、なんとなく全体をつかむが大切ですので、細部にこだらずストーリーを楽しんでいただければと思います。 ※一部の単語には英英訳が記載されています。本文中にグレーで括弧書きされている個所が英英訳の部分になります。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに自然に英語の力が身につくという学習法です。 コンテンツ(洋書:6本/総語数:10880) 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

1万語英語多読(6)

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。 洋書を読んで英語の多読をすすめられる『英語多読シリーズ』からグリム童話編が登場! グリム童話から7話をピックアップ。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 多読の記録をつけている方のために、童話ごとに語数がわかるようにしています。 ※難易度については個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで内容をご確認ください。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める 童話の語数はそれぞれ600〜2000語程度ですので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 レベル的にはSSSの読みやさすレベル1〜2に近い洋書を用意しています。 パブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。 単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。多読では、なんとなく全体をつかむが大切ですので、細部にこだらずストーリーを楽しんでいただければと思います。 辞書を引かないというのが原則ではありますが、本アプリではiOS5に標準で搭載されている辞書機能をご利用いただけます。 当初実装の予定はございませんでしたが、皆さまからたくさんのご要望をいただきましたことから今回実装に至ったものです。 ※辞書についてはiOS5に標準で搭載されている機能ですので、収録単語、その内容や使用方法についてはそちらに依存いたします。またiOS5未満の端末には辞書機能はございません。 コンテンツ(洋書:7本/総語数:10450) 100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

絵でよむ英語多読

多読入門の決定版「絵でよむ英語多読」登場! 感覚でわかるというのがこの英語多読アプリの特徴です。 このページの下のほうにあるスクリーンショットをご覧ください!この英語多読アプリの特徴が直感的におわかりいただけると思います。 このアプリの特徴 日本語に訳すことなく、英語を英語のまま理解できます ネイティブの子供たち向けの教材で学べます 心地よい英語学習を体感できます だから英語多読の初心者の方に最適のアプリです。また英語の勉強のやり直しや、勉強を始めたばかりの方にぴったりのアプリです。 英語のみだから味わえる読みを得た後の達成感をお楽しみください。 ※アプリの説明・紹介を除き、本編で日本語は使われていませんのでご注意ください。 アプリデータ 難易度の目安:読みやすさレベル(YL)1程度 総語数:2,800 ※読みやすさレベルについて 英語多読研究会SSSが多読をすすめるうえでの指標として公開している「読みやすさレベル」ではレベル1の対象洋書を語彙500語以内、または総語数3,000語以内のものとしています。 日本語に訳すことなく、英語を英語のまま理解できます アプリの説明以外日本語は使用されていませんが、豊富なイラストを使うことにより、感覚で英語を理解することができます。いちいち日本語に訳したり、辞書を使う必要はありません。 イラストとあわせて英語を見ていくとその意味が理解できるようにこのアプリは作られています。英語を日本語に訳すことなく、そのまま感覚として理解できるため、自然に本物のことばが身に付いていきます。 SSSの提唱する多読三原則にそうかたちで学習をすすめられるように辞書機能やクイズなどは排除しています。 多読三原則 辞書は使わない 分からないところは飛ばす つまらなくなったらやめる ネイティブの子供たち向けの教材で学べます 英語を母国語とする子供たち向けのグレーデッドリーダー(語学学習者向けの本であって、やさしい内容のものから上級者向けのものまでレベル分けされている洋書をいいます)やショートストーリーをベースに、理解を助けるためのイラストを加えたコンテンツになっています。ネイティブの子供たち向けの学習教材ですから、子供たちが母国語を習得していく過程に近いかたちで学習できます。このことは英語を感覚で身につけていくことにもつながります。 心地よい英語学習を体感できます 継続して学習することは、その大切さを理解していてもなかなか難しいものです。学校、家事や仕事で自分の時間があまりもてない人ならなおさらです。単語を覚えたり、辞書を引きながらリーディングをしたり、聞き取れない英語を聞かなければならない、これらのとても重要だけど退屈で苦痛な学習ばかりだと、途中で学習をやめてしまうことにもつながりやすくなります。このアプリでは辞書を引いたり、単語を覚えたりする必要はありませんので、快適で心地よく学習をすすめることができます。多読三原則でもわかるように学習の中に快適で心地よい時間をもつことが継続して学習するための一つのコツです。 ぜひ、このアプリで心地よい学習体験を存分に味わってください。 購入ページへ

ゆっくり落語

ゆっくり落語について 落語とは、落ちのある話を噺家さんの身振り・手振りと語りのみで、面白おかしくときに悲しく切なく恐ろしく、表現する『高度な技芸を要する』日本の伝統芸能です。このアプリでは落語と通して、楽しみながら小粋な日本の文化に触れることができます。 古典落語は昔のおはなしですので、現代と江戸、明治では文化・習慣があまりにも異なってしまっている為、予備知識なしでは、難しいと感じる方もいらっしゃると思います。 そこで、ゆっくり落語では、はじめての人にも古典落語を楽しんでいただけるように工夫しています。 現代訳と解説 古典落語になじみのない方でも気軽に楽しんで頂けるように、現代訳と、解説、原文をご用意しております。現代訳では、出来るだけ原文の雰囲気を残しつつ、現代人でも分かりやすい文に書き換えております。親しみ易いように、原文の対訳とはしておりません。そのため、原文と異なる箇所もありますが、落語は演者によって工夫をこらすのも味の一つですから、その点もお楽しみ頂ければ幸いです。 「ゆっくろいど」による古典落語の実演 そして古典落語は、テキスト読み上げソフト「ゆっくろいど」による実演をしています。 独特の音声と抑揚がありますので、音声と合わせてテキストが表示され、内容が確認できるようになっています。 名人による名作の名演 さらにYoutubeから噺家さんによる名作古典落語の実演動画・音声を厳選しています。 同じお題でも噺家さんたちの工夫によって内容が変わってきます。名人の名演をお楽しみいただけます。 購入ページへ

童話で英語多読 対訳「耳なし芳一」

このアプリは、日常生活の中で英語に接する機会を増やすことを目的としたアプリです 机について行うような勉強、学習だけではなく、日常のなか、少しでも英語に接する機会を増やすことが英語を習得する上ではとても有益だと考えられています。
英語の物語を読む・聴くことは、まさに日常生活の中で英語に接するとても良い行いではないでしょうか。
このアプリを使えば、電車の中、待ち合わせ、就寝前の床の中など、まさにどこにいても簡単に英語に触れることができます。ハード面だけでなく親しみやすいソフト(=アプリ)が増えていけば、それだけ「毎日英語に触れるのが当たり前」になりやすくなることでしょう。 そんな想いから英語に触れるのが日常になるように手助するこを目的として作られたアプリです。
ですから日常生活のなかでお手軽に楽しめる英語の物語として、日本のむかしばなし(昔話)を題材に、それほど難しくないものを選びました。 「読む」モードの機能・特徴 このモードでは英語の物語をひとかたまり(1〜3つ程度の文章のかたまり)ごとに読む・聴くことができます。自動で再生されないため、自分のペースでひとかたまりごとに何度も読み、聴くことができます。これに加えて英語と日本語訳を表示することができるため、意味の取れない部分を日本語訳で確認することができます。 iOS英語音声読み上げ iOSの音声読みあげ機能による英語の音声再生ができます。
 英語/日本語の切り替え表示 英語だけでなく、日本語訳がセットになっていますので、わからない文章があれば日本語訳を確認すると良いでしょう。当然、英語のみで物語を読むことも可能です。日本語訳は、多読の邪魔にならないよう初期設定では表示されないようになっています。
 iOS辞書機能 シナリオでは単語を選択し、iOS標準の英和辞書機能を使うことができます。 辞書機能を使うことによってさらに深い理解が可能になります。 「聴く」モードの機能・特徴 このモードは聴くを中心にした学習モードです、音声が最初から最後まで自動で再生されます。そしてリスニングの学習に資するための再生機能として、繰り返し聴くための「戻る」機能、「再生速度の調整」機能により慣れるまでゆっくりとした音声で聴き、慣れてくれば速聴することも可能となります。 1. 自動再生機能 「読む」モードとは異なり、一つの物語が最初から最後まで自動で再生されるようになっています。 2. 再生速度を自由に調整 0.5、0.8、1.0、1.2、1.5、1.8、2.0の7段階で再生速度を調整できます 3. 「戻る」「進む」機能 聴き取りにくいシーンがあった時「戻る」ボタンをタップすることでそのシーンを再度聴くことができます。 単語確認テスト シナリオで使われている単語の理解度を確認するための「単語テスト」もついています。 本アプリで登場する単語の中から少し難しいであろう単語133語を選出。その133語からランダムに20問を抽出して単語テストが行われます、全問正解を目指しましょう。 コンテンツの内容 耳なし芳一 小泉八雲による耳なし芳一の英文によるホラーと戸川明三による日本語訳を収録しています。 購入ページへ

怪談で英語多読 対訳「ろくろ首」

日本語訳もついてるから安心して多読を進めることができます。 このアプリについて このアプリは、日常生活の中で英語に接する機会を増やすことを目的としたアプリです 机について行うような勉強、学習だけではなく、日常のなか、少しでも英語に接する機会を増やすことが英語を習得する上ではとても有益だと考えられています。
英語の物語を読む・聴くことは、まさに日常生活の中で英語に接するとても良い行いではないでしょうか。
このアプリを使えば、電車の中、待ち合わせ、就寝前の床の中など、まさにどこにいても簡単に英語に触れることができます。ハード面だけでなく親しみやすいソフト(=アプリ)が増えていけば、それだけ「毎日英語に触れるのが当たり前」になりやすくなることでしょう。 そんな想いから英語に触れるのが日常になるように手助するこを目的として作られたアプリです。
ですから日常生活のなかでお手軽に楽しめる英語の物語として、日本のむかしばなし(昔話)や怪談を題材に、それほど難しくないものを選びました。 【シナリオ・リーダーと音声プレイヤーの融合が可能にした本アプリの機能・特徴】 「読む」モードの機能・特徴 このモードでは英語の物語をひとかたまり(1〜3つ程度の文章のかたまり)ごとに読む・聴くことができます。自動で再生されないため、自分のペースでひとかたまりごとに何度も読み、聴くことができます。これに加えて英語と日本語訳を表示することができるため、意味の取れない部分を日本語訳で確認することができます。 iOS英語音声読み上げ iOSの音声読みあげ機能による英語の音声再生ができます。
 英語/日本語の切り替え表示 英語だけでなく、日本語訳がセットになっていますので、わからない文章があれば日本語訳を確認すると良いでしょう。当然、英語のみで物語を読むことも可能です。日本語訳は、多読の邪魔にならないよう初期設定では表示されないようになっています。
 iOS辞書機能 シナリオでは単語を選択し、iOS標準の英和辞書機能を使うことができます。 辞書機能を使うことによってさらに深い理解が可能になります。 「聴く」モードの機能・特徴 このモードは聴くを中心にした学習モードです、音声が最初から最後まで自動で再生されます。そしてリスニングの学習に資するための再生機能として、繰り返し聴くための「戻る」機能、「再生速度の調整」機能により慣れるまでゆっくりとした音声で聴き、慣れてくれば速聴することも可能となります。 1. 自動再生機能 「読む」モードとは異なり、一つの物語が最初から最後まで自動で再生されるようになっています。 2. 再生速度を自由に調整 0.5、0.8、1.0、1.2、1.5、1.8、2.0の7段階で再生速度を調整できます 3. 「戻る」「進む」機能 聴き取りにくいシーンがあった時「戻る」ボタンをタップすることでそのシーンを再度聴くことができます。 ろくろ首 小泉八雲の英文による名作「ろくろ首」と田部隆次による日本語訳を収録しています。 購入ページへ

怪談で英語多読 対訳「雪女」

このアプリについて このアプリは、日常生活の中で英語に接する機会を増やすことを目的としたアプリです 机について行うような勉強、学習だけではなく、日常のなか、少しでも英語に接する機会を増やすことが英語を習得する上ではとても有益だと考えられています。
英語の物語を読む・聴くことは、まさに日常生活の中で英語に接するとても良い行いではないでしょうか。
このアプリを使えば、電車の中、待ち合わせ、就寝前の床の中など、まさにどこにいても簡単に英語に触れることができます。 ハード面だけでなく親しみやすいソフト(=アプリ)が増えていけば、それだけ「毎日英語に触れるのが当たり前」になりやすくなることでしょう。 そんな想いから英語に触れるのが日常になるように手助するこを目的として作られたアプリです。
ですから日常生活のなかでお手軽に楽しめる英語の物語として、日本のむかしばなし(昔話)や怪談を題材に、それほど難しくないものを選びました。 【シナリオ・リーダーと音声プレイヤーの融合が可能にした本アプリの機能・特徴】 「読む」モードの機能・特徴 このモードでは英語の物語をひとかたまり(1〜3つ程度の文章のかたまり)ごとに読む・聴くことができます。自動で再生されないため、自分のペースでひとかたまりごとに何度も読み、聴くことができます。これに加えて英語と日本語訳を表示することができるため、意味の取れない部分を日本語訳で確認することができます。 iOS英語音声読み上げ iOSの音声読みあげ機能による英語の音声再生ができます。
 英語/日本語の切り替え表示 英語だけでなく、日本語訳がセットになっていますので、わからない文章があれば日本語訳を確認すると良いでしょう。当然、英語のみで物語を読むことも可能です。日本語訳は、多読の邪魔にならないよう初期設定では表示されないようになっています。
 iOS辞書機能 シナリオでは単語を選択し、iOS標準の英和辞書機能を使うことができます。 辞書機能を使うことによってさらに深い理解が可能になります。 「聴く」モードの機能・特徴 このモードは聴くを中心にした学習モードです、音声が最初から最後まで自動で再生されます。そしてリスニングの学習に資するための再生機能として、繰り返し聴くための「戻る」機能、「再生速度の調整」機能により慣れるまでゆっくりとした音声で聴き、慣れてくれば速聴することも可能となります。 1. 自動再生機能 「読む」モードとは異なり、一つの物語が最初から最後まで自動で再生されるようになっています。 2. 再生速度を自由に調整 0.5、0.8、1.0、1.2、1.5、1.8、2.0の7段階で再生速度を調整できます 3. 「戻る」「進む」機能 聴き取りにくいシーンがあった時「戻る」ボタンをタップすることでそのシーンを再度聴くことができます。 雪女 小泉八雲の英文による名作「ゆきおんな 」と田部隆次による日本語訳を収録しています。 購入ページへ

怪談で英語多読 対訳「葬られたる秘密」

このアプリについて このアプリは、日常生活の中で英語に接する機会を増やすことを目的としたアプリです 机について行うような勉強、学習だけではなく、日常のなか、少しでも英語に接する機会を増やすことが英語を習得する上ではとても有益だと考えられています。
英語の物語を読む・聴くことは、まさに日常生活の中で英語に接するとても良い行いではないでしょうか。
このアプリを使えば、電車の中、待ち合わせ、就寝前の床の中など、まさにどこにいても簡単に英語に触れることができます。ハード面だけでなく親しみやすいソフト(=アプリ)が増えていけば、それだけ「毎日英語に触れるのが当たり前」になりやすくなることでしょう。 そんな想いから英語に触れるのが日常になるように手助するこを目的として作られたアプリです。
ですから日常生活のなかでお手軽に楽しめる英語の物語として、日本のむかしばなし(昔話)や怪談を題材に、それほど難しくないものを選びました。 【シナリオ・リーダーと音声プレイヤーの融合が可能にした本アプリの機能・特徴】 「読む」モードの機能・特徴 このモードでは英語の物語をひとかたまり(1〜3つ程度の文章のかたまり)ごとに読む・聴くことができます。自動で再生されないため、自分のペースでひとかたまりごとに何度も読み、聴くことができます。これに加えて英語と日本語訳を表示することができるため、意味の取れない部分を日本語訳で確認することができます。 iOS英語音声読み上げ iOSの音声読みあげ機能による英語の音声再生ができます。
 英語/日本語の切り替え表示 英語だけでなく、日本語訳がセットになっていますので、わからない文章があれば日本語訳を確認すると良いでしょう。当然、英語のみで物語を読むことも可能です。日本語訳は、多読の邪魔にならないよう初期設定では表示されないようになっています。
 iOS辞書機能 シナリオでは単語を選択し、iOS標準の英和辞書機能を使うことができます。 辞書機能を使うことによってさらに深い理解が可能になります。 「聴く」モードの機能・特徴 このモードは聴くを中心にした学習モードです、音声が最初から最後まで自動で再生されます。そしてリスニングの学習に資するための再生機能として、繰り返し聴くための「戻る」機能、「再生速度の調整」機能により慣れるまでゆっくりとした音声で聴き、慣れてくれば速聴することも可能となります。 1. 自動再生機能 「読む」モードとは異なり、一つの物語が最初から最後まで自動で再生されるようになっています。 2. 再生速度を自由に調整 0.5、0.8、1.0、1.2、1.5、1.8、2.0の7段階で再生速度を調整できます 3. 「戻る」「進む」機能 聴き取りにくいシーンがあった時「戻る」ボタンをタップすることでそのシーンを再度聴くことができます。 葬られたる秘密 小泉八雲の英文による名作「葬られたる秘密 」と戸川 秋骨(明三)による日本語訳を収録しています。 購入ページへ

怪談で英語多読 対訳「むじな」

高等学校などの教育機関において、英語の学習教材として、いまなお使われている小泉八雲の怪談。 本作は小泉八雲の怪談のうち「狢(むじな)」を収録したアプリ。 このアプリは、日常生活の中で英語に接する機会を増やすことを目的としたアプリです 机について行うような勉強、学習だけではなく、日常のなか、少しでも英語に接する機会を増やすことが英語を習得する上ではとても有益だと考えられています。
英語の物語を読む・聴くことは、まさに日常生活の中で英語に接するとても良い行いではないでしょうか。
このアプリを使えば、電車の中、待ち合わせ、就寝前の床の中など、まさにどこにいても簡単に英語に触れることができます。ハード面だけでなく親しみやすいソフト(=アプリ)が増えていけば、それだけ「毎日英語に触れるのが当たり前」になりやすくなることでしょう。 そんな想いから英語に触れるのが日常になるように手助するこを目的として作られたアプリです。
ですから日常生活のなかでお手軽に楽しめる英語の物語として、日本のむかしばなし(昔話)や怪談を題材に、それほど難しくないものを選びました。 【シナリオ・リーダーと音声プレイヤーの融合が可能にした本アプリの機能・特徴】 「読む」モードの機能・特徴 このモードでは英語の物語をひとかたまり(1〜3つ程度の文章のかたまり)ごとに読む・聴くことができます。自動で再生されないため、自分のペースでひとかたまりごとに何度も読み、聴くことができます。これに加えて英語と日本語訳を表示することができるため、意味の取れない部分を日本語訳で確認することができます。 iOS英語音声読み上げ iOSの音声読みあげ機能による英語の音声再生ができます。
 英語/日本語の切り替え表示 英語だけでなく、日本語訳がセットになっていますので、わからない文章があれば日本語訳を確認すると良いでしょう。当然、英語のみで物語を読むことも可能です。日本語訳は、多読の邪魔にならないよう初期設定では表示されないようになっています。
 iOS辞書機能 シナリオでは単語を選択し、iOS標準の英和辞書機能を使うことができます。 辞書機能を使うことによってさらに深い理解が可能になります。 「聴く」モードの機能・特徴 このモードは聴くを中心にした学習モードです、音声が最初から最後まで自動で再生されます。そしてリスニングの学習に資するための再生機能として、繰り返し聴くための「戻る」機能、「再生速度の調整」機能により慣れるまでゆっくりとした音声で聴き、慣れてくれば速聴することも可能となります。 1. 自動再生機能 「読む」モードとは異なり、一つの物語が最初から最後まで自動で再生されるようになっています。 2. 再生速度を自由に調整 0.5、0.8、1.0、1.2、1.5、1.8、2.0の7段階で再生速度を調整できます 3. 「戻る」「進む」機能 聴き取りにくいシーンがあった時「戻る」ボタンをタップすることでそのシーンを再度聴くことができます。 狢(むじな) 小泉八雲の英文による名作「狢(むじな)」と戸川 秋骨(明三)による日本語訳を収録しています。 購入ページへ

簡単・短いストーリーではじめる英語多読

英語の多読をするならこのアプリです。 英語のおはなしを読んで英語の多読をすすめられる『英語多読シリーズ』です。 100語から600語程度の短くて簡単な英語のおはなしを収録しています。 個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで内容をご確認ください。 SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。 SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。 【SSS式多読の3原則】 辞書は引かない 分からないところは飛ばして前へ進む つまらなくなったら止める この3原則を崩してしまう辞書機能や簡単クイズやメモ帳などの機能を排除しています。 ですから途中でわからない単語を辞書で調べたい、理解度を確認するために簡単なクイズのようなアプリが欲しいケースには向かないと思います。 100語から600語程度のストーリーがいくつかあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。 ※レベル的にはSSSの読みやさすレベル1に近い英語のお話を用意しています。初心者向けとはいえ、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。多読では、なんとなく全体をつかむが大切ですので、細部にこだらずストーリーを楽しんでいただければと思います。 ※一部の単語には英英訳が記載されています。本文中にグレーで括弧書きされている個所が英英訳の部分になります。 ※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに自然に英語の力が身につくという学習法です。 コンテンツ10本を収録 英語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。 購入ページへ

あやかし図録 妖怪ステッカー

『現代版 妖怪絵巻・あやかし図録』から、収録された妖怪イラストのiMessage ステッカーが登場です! オリジナルイラストの妖怪たちをお楽しみください! ー 「日本には妖怪がいる 。古くから深い森や山 、人の力の及ばない自然や理解し難い現象を人々は畏怖し 、妖怪の存在を信じてきた 。時に恐ろしく 、時にユ ーモラスに語られるそれらと共にこの地に暮らしてきたのである 。奈良時代に書かれた書物では妖怪という言葉は 、人知を超えた怪奇現象そのものを表していた 。その後 、それらは姿形を持ち 、長く生きた動物や古い道具が変化したものが加わってゆく 。後者は付喪神とも呼ばれ自然崇拝 、精霊崇拝といった日本人の精神や信仰の原点と重なるようにも思える 。だからこそ日本人にとって妖怪は身近な存在であり続けているのだろう 。」 —『現代版 妖怪絵巻・あやかし図録』より 購入ページへ